関数ライブラリ

GetUnderpopulatedLevel関数

概要

地域の過疎化状況を取得します。

構文

GetUnderpopulatedLevel(LocID)

引数

GetUnderpopulatedLevel関数の引数は次の項目から構成されます。

LocID
必ず指定します。過疎化状況を取得したい地域をLocIDで指定します。

戻り値

GetUnderpopulatedLevel関数の戻り値は次の値のいずれかになります。

戻り値説明
1地域の過疎化が進んでいるレベルを1〜100で示します。
0地域の過疎化が進んでいません。
-1以下エラーです。
例えば指定したLocIDが存在しない場合はエラーになります。

解説

非決定的関数です。結果は実行日時によって変化します。

使用例

次の例では、松川の過疎化状況を取得します。

//松川の過疎化状況を取得
strLocID = "02c7bf92"
iGetUnderpopulatedLevel = GetUnderpopulatedLevel(strLocID)

参照

Copyright © 1999-2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [func][0.0015418529510498]