関数ライブラリ

IsPiles関数

概要

彼が痔かどうかの情報を取得します。

構文

IsPiles(HumanID)

引数

IsPiles関数の引数は次の項目から構成されます。

HumanID
必ず指定します。痔かどうかを取得したい相手をHumanIDで指定します。

戻り値

IsPiles関数の戻り値は次の値のいずれかになります。

戻り値説明
1彼は痔です。
0彼は痔ではありません。
-1以下エラーです。
例えば指定したHumanIDが、どの人間にも割り当てられていない場合はエラーになります。

解説

非決定的関数です。結果は実行日時によって変化します。
痔の種類を取得する場合、あらかじめこの関数を使って痔かどうかをチェックするのが適切です。
(もし、痔でない人から痔の種類を取得しようとした場合、応答にかなりの時間がかかります。)

使用例

次の例では、渡辺さんが痔かどうかを取得します。

//渡辺さんが痔かどうかを取得
strHumanID = "{:loop(page.extargetid):}"
iIsPiles = IsPiles(strHumanID)

参照

Copyright © 1999-2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [func][0.00153398513793945]