バレそうになった場合

疑惑への対処

基本的な使い方を理解し、友達にブラインドタッチを見せ付けていくうちに、怪しまれる可能性があります。
「ちょっとオレにも打たせて」とか言われると思います。
そんな時は、モード切替で対処できるので、以下の内容をご覧下さい。

マニュアルモードへの切り替え

このメモ帳には以下の二つのモードがあります。

  • セーブしておいた内容が表示されるオートモード
  • 入力した通りに表示されるマニュアルモード

メモ帳を開いたばかりの状態はオートモードなので、ブラインドタッチし放題です。

友達が代わりたいと言ってきたら、マニュアルモードに切り替えれば大丈夫です。

  1. 半角入力で、スペース、M、スペース、と3文字入力してみて下さい。
  2. マニュアルモードに切り替わったため、入力した通りの内容が表示されるようになります。

オートモードへの切り替え

友達から再び自分に代わった場合、オートモードに戻す必要があります。

  1. まずは、友達が打った余計な文字を消して下さい。
  2. 半角入力で、スペース、A、スペース、と3文字入力してみて下さい。
  3. オートモードに切り替わったため、セーブしておいた内容が表示されるようになります。

まとめ

以上が対処法になります。
オートモードのときは半角入力でなければ正常に表示されないブラウザがありますので、くれぐれも半角入力であることを確認するようにして下さい。

Copyright © 2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [note][0.0014491081237793]