浮気における情報管理

浮気をするためには、複数の人と同時に恋愛をしなければなりません。
日本では恋愛している相手には一途さを見せなければ恋愛関係を保つことができないため、浮気をする場合は少なからず嘘をついたり隠し事をしていくことになります。真実の情報のみで恋愛をすれば、さほど情報管理は必要ありませんが、嘘の情報を使って恋愛をする場合は、自分の偽りの身元など大量の情報を管理する必要があります。
また、浮気の重複レベルによっては複数の女性と似たような発言や行動を平行して行うことになるため、そういった面からも情報管理の大切さが問われてくるでしょう。

浮気

浮気管理システム

浮気をするためには、恋人の誕生日や記念日など基本的な情報も覚えておく必要があり、恋人に対して行動した実績や、その行動に対するリアクションがどうだったのかも管理する必要が出てきます。
恋人との浮気状況を綿密に管理し、そのデータをもとにフィードバックを行い、より安全かつ適切な行動を判断するための意思決定支援システムこそが、この「浮気管理システム」になります。

コンテンツ

» 浮気の注意事項
浮気をするにあたって懸念すべき注意事項について説明します。
» システムの仕様
浮気を管理するためのシステムを作る際に、どのような仕組みが必要なのかを説明します。

本サイトについて

  • 本サイトの総訪問者数は0人です。(本日は100人、昨日は100人です。)
  • 当方では本サイトの内容について、いかなる保証も行いません。
  • 当方ではトラブルに関する一切の責任は負いません。
  • 本サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。
バナー
Copyright © 2006 Chugoshi All Rights Reserved.
[] [uwaki][0.00377607345581055]