敵を回避する方法としては以下のようなものが挙げられます。

  • 敵と遭遇しないようにする。
  • 敵とすれ違っても気付かれないようにする。
  • 敵と遭遇しても逃げ切る。

回避に失敗してしまうと、敵との井戸端会議に自然と巻き込まれることになります。

敵と遭遇しないようにする

最も安全な方法です。
ただし、暇な敵はこちらの動きを読んでくることもあるため、かなりの心理戦になることもあります。

敵とすれ違っても気付かれないようにする

例えば敵が前方から迫ってくることがわかっても、雨が降っている日は傘を使ってバレないようにすれ違います。
もしくは敵が誰かと話に夢中になっている場合は、こちらは敵がいることに気付いてないフリをしてさりげなく通り過ぎます。
ただし、目ざといおばさんに対して、これらの方法で回避するのは非常に困難で、最悪の場合敵から自分への印象を下げてしまうことになります。

敵と遭遇しても逃げ切る

敵と目が合っても、さりげなく「急いでる感」を表現しつつ満面の笑顔を使って、その場を逃げ切ります。
この方法が失敗すると逃げたいという本心が相手に伝わってしまうことが多いため、非常にハイリスクな方法です。

Copyright © 2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [kinjo][0.00132393836975098]