Script Paradigm

ASPでWSCを使う際の注意

ASP(Active Server Page)からスクリプトコンポーネントを呼び出して使用する際に、以下のような呼び出し方があります。

呼び出し方
プログラムIDServer.CreateObject("Test.TestComponent")
ファイルモニカServer.GetObject("script:c:\Test\TestComponent.wsc")
URLモニカServer.GetObject("script:http://server2/TestComponent.wsc")

このうち、ASPからURLモニカを使ってスクリプトコンポーネントを呼び出している場合、以下のような手順で問題が発生する恐れがあります。

  1. スクリプトコンポーネントを使用したASPを呼び出す。
  2. スクリプトコンポーネントのスクリプトを変更して保存。
  3. 再び同じASPを呼び出す。
  4. なぜか動作が古いスクリプトのままという現象が発生。

おそらくURLモニカでWSCを呼び出す場合、マシン上に残ってる古いキャッシュが効いてしまうためです。

このような現象が発生した場合、IISの仮想フォルダのプロパティでアンロードを行えば解決すると思いますが、スクリプトを修正するたびにアンロードするのは面倒なのでURLモニカよりもファイルモニカを使用するのが良いと思います。

Copyright © 2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [wsh][0.00167083740234375]