Script Paradigm

XMLの値を取得

例えば、あらかじめ以下のようなXMLファイルを「test.xml」というファイル名で用意しておきます。

<?xml version='1.0' encoding='SHIFT-JIS' ?>
<group>
    <name id="dance">ランバダ</name>
</group>

以下のようなVBScriptで上記のXMLファイルへアクセスすることができます。

Option Explicit
MsgBox fnGetXMLSingleNode("test.xml","/group/name[@id='dance']")
Function fnGetXMLSingleNode(ByVal strXMLFile,ByVal strXPath)
    Dim objXML
    Dim objNode
    
    '★XMLオブジェクトの生成
    Set objXML = CreateObject("MSXML2.DOMDocument.3.0")
    
    '★XMLの読み込み
    objXML.async = False
    Call objXML.Load(strXMLFile)
    
    '★ノードの値の取得
    Set objNode = objXML.selectSingleNode(strXPath)
    fnGetXMLSingleNode = objNode.Text
    
    Set objNode = Nothing
    Set objXML = Nothing
End Function

XMLデータへのアクセスは、「/group/name[@id='dance']」といったXPathの記述を理解しておく必要があります。

Copyright © 2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [wsh][0.00107693672180176]