用嘆とは

用嘆(ようたん)はスポーツでも無ければ芸術でもありません。
芸術や学問やスポーツなどに並ぶ位置付けです。

用嘆

例えばスポーツでは体を動かすことで楽しんだり、芸術では何か表現することで人に感動を与えたりします。
用嘆もスポーツや芸術と同じく、独自の思想やルールを持っている文化です。

用嘆の仕方

用嘆とは特定の物事を観たり聴いたりして、それに対する決まった感情を表現する文化です。

誰でも誕生日プレゼントをもらったときは嬉しくて喜ぶと思います。
感情と表現は同期してるため、このようなリアクションはごく普通なことです。

このような一般的な当たり前の表現とは異なり、無関心な部分にも意識して感情を表現するのが、まさしく用嘆なのです。

用嘆の楽しさ

用嘆は楽しさを求めていません。
楽しい気持ちになりたいのなら、用嘆ではなくスポーツや遊びをするのが良いでしょう。

用嘆の種類

スポーツにいろいろな種類があるのと同じく、用嘆にも様々な種類があります。
道具を使う用嘆や、正装が決まっている用嘆、何も使わない用嘆などいろいろあり、それぞれ表現する感情も異なります。
初心者でも行える最もポピュラーな用嘆は転盆(てんぼん)なので、最初は転盆から行うのが良いでしょう。

Copyright © 1999-2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [yotan][0.00111699104309082]