VML+TIME

概要

VMLにHTML+TIMEを併用して図形をアニメーションさせる方法について解説します。

書き方

HTML+TIMEもVML同様、XMLの文法を使って記述します。
以下のようなHTMLを書くだけで簡単にアニメーションさせることができます。

<html xmlns:t="urn:schemas-microsoft-com:time"
      xmlns:v="urn:schemas-microsoft-com:vml">
<head>
<title>VML</title>
<style TYPE="text/css">
<!--
v\:* { behavior: url(#default#VML); }
-->
</style>
<?import namespace="t" implementation="#default#time2"?>
</head>
<body>
<v:polyline style="position:relative;" points="0,0 200,0 0,200 0,0">
<t:animate attributeName="rotation" from="0" to="359"
 begin="1" dur="20" repeatCount="indefinite" />
</v:polyline>
</body>
</html>

ブラウザでは以下のように表示されます。

Copyright © 1999-2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [vector][0.00436687469482422]