敵の管理

敵といっても、全ての敵が同じ特性や危険性を秘めているわけではないため、各敵の情報を個別に管理します。
基本的には経路の優先順位などをつけるために情報として危険度だけあれば良いですが、目ざとさや素早さも管理すれば、一層精度の高いシステムを設計することが出来ます。

敵マスタ

主キー列名データ型サイズNULL
敵IDint4×
名前nvarchar40許可
危険度int4許可

サンプルデータ

敵ID名前危険度
0井上さん8
1大家さん11
2佐藤さん4
3大森公園のじいさん25
Copyright © 2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [kinjo][0.00110793113708496]