関数ライブラリ

SetConstipation関数

概要

彼を便秘にします。

構文

SetConstipation(HumanID)

引数

SetConstipation関数の引数は次の項目から構成されます。

HumanID
必ず指定します。便秘を設定したい相手をHumanIDで指定します。

戻り値

SetConstipation関数の戻り値は次の値のいずれかになります。

戻り値説明
1彼は便秘になりました。
0彼は便秘になりませんでした。
-1以下エラーです。
例えば指定したHumanIDが、どの人間にも割り当てられていない場合はエラーになります。
既に便秘の人に便秘を設定した場合もエラーになります。

解説

非決定的関数です。結果は実行日時によって変化します。

使用例

次の例では、さやかさんに便秘を設定します。

//さやかさんに便秘を設定
strHumanID = "105ei9d9"
iResult = SetConstipation(strHumanID)

参照

Copyright © 1999-2006 Hikijishi All Rights Reserved.
[] [func][0.00153398513793945]